既卒の就職活動手引き

既卒は就職できない?本気で就職するための秘訣とは

<就活の改善点を探す>

 

 既卒だと就職できないのではないかと諦めていませんか?もちろん新卒者と比べて不利になることは否定できませんが、既卒者が就職できないということはありません。なぜなら、企業が求めている人材は若くてやる気のある人物、すなわち人間性を重視する企業が少なくないからです。

 

 

 要は、不利になる部分を補えるほどのアピール力があれば良いのです。新卒として就職活動をしてうまくいかなかった人は、意識ややり方を変える必要があります。就活の基本ができていなかった可能性もあるので、まずはその点を洗い出して改善点を見つけることが大切です。

 

 

<面接はありのまま臨むことが大事>

 

 面接では、採用担当者はマニュアル通りの自己PRは求めていません。マニュアル通りのものは見抜かれますし、担当者の心には響きません。なぜ他社ではなくこの会社を志望したのか、自分の強みとリンクして、自分の言葉でありのままに話すことが大切です。

 

 

 また、既卒者には多少厳しい質問もされるかもしれません。なぜ既卒になってしまったのか自分なりに分析し、ここが悪かったと思うので改善したというように、前向きに答えられるようにしておきましょう。

 

 

 時には「圧迫面接」と感じることがあるかもしれません。しかし、担当者の方もストレス耐性を見るなど、なんらかの理由があるはずです。慌てて思考停止になりがちですが、落ち着いて対処することが大切です。

 

 

<客観的意見を聞く>

 

 既卒者の就活は、周りのアドバイスを受ける機会も減り1人で活動することが多くなります。そのため、間違えたやり方をしていても気づくことができない人も多いのです。第三者の意見を取り入れ、客観的に判断してもらうことも大切になります。

 

 

 そのためには、転職エージェントやハローワーク、ジョブカフェなどの利用が不可欠です。履歴書の書き方や面接時の対応などの指導を受けたり、自分を客観的に見てもらって欠点を指摘してもらうことも必要です。

 

 

 自分1人での就活だと、どうしても自分の知りたい情報ばかりを集めてしまい、偏った企業ばかり応募しているかもしれません。第三者の客観的意見を取り入れ、視野を広げてみてはいかがでしょうか。

 

 

<まとめ>

 

 就活の基本的なことができていれば、既卒者でもチャンスはあります。既卒だということを気にしすぎて、自信のない態度だと面接でもうまくいきません。自信を持って、既卒でも絶対に就職したいという意欲を見せることができるように取り組んでください。

 

 

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
大手企業から中小企業、ベンチャー企業など、多種多様な業界・職種に対する求人が全国から集まる総合転職サイトです。